平成27年度センター試験【化学】第6問 問3|シクロデキストリン

シクロデキストリンの加水分解に関する問題です。

問題に構造が与えられているので、シクロデキストリンが何か知らなくても答えられます。

 

加水分解では、グルコース分子同士をつないでいるグリコシド結合の部分に水分子が作用します。

シクロデキストリン分子にはグリコシド結合が6つあるので、作用する水分子もまた6つです。

シクロデキストリン + 6H2O → 6 グルコース

シクロデキストリンが 0.10 mol のとき、水分子は 0.60 mol 反応します。

水の分子量は 18 なので、質量は次のように計算されます。

0.60 mol × 18 g/mol = 10.8 g

Follow me!