平成28年度センター試験【化学】第2問 問6|酸化還元滴定

参考資料

 

私自身、問題を解くときによくすることですが、計算をわかりやすくするために物質 A について(1)式の仮定をします。

参考資料 (1)式

この物質と過マンガン酸カリウム KMnO4 やニクロム酸カリウム K2Cr2O7 が反応します。

参考資料 (2)式

 

物質 A と過マンガン酸カリウムの反応は(3)式で計算します。

参考資料 (3)式

A の物質量は MnO4 の 5/a 倍であることから、(4)式が得られます。

参考資料 (4)式

 

同様に物質 A とニクロム酸カリウムの反応は(5)式で計算します。

参考資料 (5)式

A の物質量は Cr2O72- の 6/a 倍であることから、(6)式が得られます。

参考資料 (6)式

 

最後に(4)式と(5)式を等しいとして計算します。

参考資料 (7)式

Follow me!