平成28年度センター試験【化学】第5問 問2|糖類

1)グルコース 2 分子が結合してマルトースができるので、分子式は単純に 2 倍にはならず、実際には水分子 H2O が 1 個分減った C12H22O11 となります。

2)スクロースを加水分解して生成される糖を転化糖といいます。

3)α-グルコースと β-グルコースは互いに立体異性体です。

4)グルコース、フルクトースともに分子式は C6H12O6 です。

5)不斉炭素原子とは 4 つの互いに異なる原子あるいは置換基と結合している炭素原子のことで、グルコースの鎖状構造では 4 個あるのに対し、環状構造では 1 個増えて 5 個あります。

Follow me!