平成27年度センター試験【物理】第4問 問2|物体の運動

参考資料

 

問1に引き続き、物体の運動とエネルギーに関する問題です。

この問題も、水平方向と垂直方向は分けて考えましょう。

 

落下時間に関係するのは垂直方向の速さだけで、水平方向の速さは関係ありません。

つまり、高さ h から小球を自然落下させたときにかかる時間とこの問題の t2 は同じ答えです。

垂直方向について与えられている条件は、床までの距離 h と重力加速度 g、そして落下までにかかる時間 t2 です。

加速度と距離の関係は以前に説明しているのでそちらを参照すると、(1)式が得られます。

参考資料 (1)式

したがって点 Q に落ちるまでの時間 t2 は(2)式となります。

参考資料 (2)式

Follow me!