平成27年度センター試験【物理】第4問 問1|物体の運動

参考資料

 

第4問は物体の運動とエネルギーに関する問題です。

この問題のポイントは、水平方向と垂直方向を分けて考えることです。

 

点 O から速さ v0 で水平方向に投げられた小球は、他に何も力が働かないので、壁にぶつかるまで v0 で進みます。

一方、点 O から投げられた瞬間の垂直方向の速さは 0 ですが、重力加速度の影響で少しずつ垂直方向の速さは増していきます。

これら水平方向と垂直方向の速さを合わせて考えたものが、小球が実際に描く軌跡になるわけです。

 

問1では壁にぶつかるまでの時間 t1 を聞かれています。

上で述べたように水平方向には速さ v0 で等速運動しているので、距離と速さの関係から t1 を求めることができます。

参考資料 (1)式

Follow me!