平成27年度センター試験【物理】第3問 問3|波

参考資料

 

問1、2に引き続き、波に関する問題です。

仕切り板の両側で発生した波が逆位相ということは、図1のような2つの波が発生しているということです。

参考資料 図1

それぞれの波が観測点に到達するのにかかる時間 tA、tB は、波の速さ v を用いて(1)式で表わされます。

参考資料 (1)式

 

観測点に到達した波が強め合うためには、図2で表わしたように半周期だけ時間がずれている必要があります。

参考資料 図2

注意することは、時間のずれ方は T/2 でもいいし、3T/2 でもいいし、5T/2 でもいいことです。

したがって m = 0、1、2、… を使って表わすと、(2)式のような計算になります。

参考資料 (2)式

選択肢に絶対値の記号がついているのは、問題の図では lA のほうが長く描いてありますが、lB が長い場合でも同じだからです。

Follow me!