平成27年度センター試験【物理基礎】第1問 問5|原子力発電

原子力発電に関連する問題です。

高校の授業で学ぶかどうかはわかりませんが、一般的な知識としてこれぐらいは知っておきたいところです。

 

原子力発電でははじめに、ウランやプルトニウムなどの重たい原子に中性子をぶつけて核分裂させます。

このときに発生する熱エネルギーを水に伝えると、水は蒸発します(コンロでお湯を沸かすようなものです)。

こうしてできた水蒸気がタービンとよばれる大きい羽根を回転させることで発電が行われています。

核分裂で取り出されるエネルギーをそのまま電気に変えているかのようなイメージを持っているかもしれませんが、実際にはこのように間接的に利用されています。

 

原子力発電の問題点は、原料あるいは核分裂で生じる原子が放射性物質である、ということはご存知のとおりです。

Follow me!