平成28年度センター試験【数学I・A】第2問[2]

この問題はグラフの見た目で答えることができます。

 

0) 平均最高気温が高くなるほど購入額は増加していて、ばらつきもそれほど大きくなさそうです。

1) 1日あたり平均降水量と購入額に明確な傾向はなさそうです。

2) 平均湿度が高くなると、購入額のばらつきが大きくなっています。

3) 25℃ 以上の日数の割合が 80% 未満の月で購入額が 30 円を超えている月はありません。

4) 正の相関とは右肩上がりのグラフを指すので、1日あたり平均降水量と購入額のグラフ以外は正の相関があると言えます。

 

問題は大学入試センターから(数学→数学1→数学I・数学A)

Follow me!