平成28年度センター試験【物理】第6問 問3|光電効果

交換後の光の振動数を考えるときは、電流 I が 0 になる電位に注目します。

電位は -V0 で、交換前と交換後で変わっていません。

そうすると問2からわかるように、飛び出してくる電子の速さの最大値は光源の交換前と交換後で変わっておらず、したがって振動数 ν の光が金属内の電子に与えているエネルギー hν も変わらないということです。

 

単位時間あたりに電極 b に入射する光子の数を考えるときは、交換前と交換後の電流の最大値 I0 に注目します。

交換後の I0 のほうが小さいということは単純に飛び出してくる電子の数が少ないということです。

したがって電極 b に入射する光子の数も少ないと考えられます。

Follow me!